書籍book

営業嫌いだった人が1億売る人に変わる「仕事ノート」|朝倉千恵子著書

■著者名:朝倉 千恵子
■ページ数:192ページ
■発売日:2014年3月29日
■出版社:プレジデント社

購入はこちら

【構成】

【内容紹介】----------------------------------

  この本には、全部で110個のメッセージを
  6章に分けて紹介しています。

  第一章 言葉の使い方、 
      言い方ひとつで
      人生が大きく変わります

  第二章 工夫がなければ 
      仕事は面白くもなく、 
      目標も達成できない

  第三章 仕事のできる人は
      「何のために働くのか」
      を理解している

  第四章 好かれる人、嫌われる人。
      魅力のある人、話題にならない人。
      ここが大きく違います

  第五章 逆境。大ピンチ。
      どう考えるかで
      その後の運が開けます

  第六章 売れない時代こそ
      たくさん売る人になれる
      とっておきの考え方

  110個のメッセージ中、2つをご紹介します。
------------------------------------------------- 
  メッセージ014
   【「どうせ私は・・・・・・」
    というマイナス感情を今すぐ追い出して!】


  ロシアの作家・ゴーリキーの戯曲『どん底』の中に、
  こんな言葉があります。

  「才能とは自分自身を、自分の力を信じることである」

  どんなに才能がある人でも「どうせ私にはできっこない」

  と周囲に漏らしている人は、いつまでたっても
  その才能を開花させることはできません。

  本人は謙遜のつもりで言っていても、
  自分の口から出たその言葉にひきずられてしまうからです。

  前にも触れましたが、人間の脳は、自分で発した言葉を
  そのまま信じてしまうのです。

  ネガティブな口くせが多い人は、
  自分自身にマイナスの自己暗示をかけてしまうのです。

  今の自分を変えたいと思ったら、
  まず自分自身を信じること。

  そして、その第一歩は

  「どうせ私なんか・・・・・・」
  という自分を自分で卑下する
  言葉を心の中から追い出すことです。

  諦めないでやり続ければ、
  結果が後からついてきます。

----------------------------------------------

  メッセージ064
  【部下に答えを教える前に、まずは自分で考えさせる】
  

  私は「部下に適切な仕事を与え、仕事の何たるかを
  教えて能力向上に努めることは、上司の礼儀だ」と
  常々考えています。

  だから、仕事を与えた後に褒めもしなければ
  注意もしないような上司は無礼千万。

  無関心というのは上司の横着、職務怠慢、
  手抜きといえます。

  こう言う私も、経営者になる前は、
  これができていませんでした。

  今思えば、指導者ではなく、
  「頼りになる、みんなの憧れのお姉さん」に
  なりたかったにすぎなかったようです。

  部下から問題発生の報告をうけたときなどは、
  「こうしたほうがいいよ」とやさしく対処法を伝え、
  叱ることもなく手とり足とり教える人でした。

  しかし、このやさしさは
  「部下が自分で考え、自分で答えを出す」
  機会を奪っている行為なのです。

  これでは、いつまでたっても部下の能力は
  伸びないことを自らの経験を経て気づいたのです。

----------------------------------------------

  全110話中、2話をご紹介しました。

  残りの108話を是非、
  手に取って読んでいただけたらと思います。



▶書籍一覧に戻る