オンライン-Zoom等

オンライン研修とは?

2020年10月15日|カテゴリー「オンライン-Zoom等
201006
コロナ禍による影響や働き方改革の推進により、テレワークやフレックスタイムも浸透し、私たちはライフスタイルに合わせて柔軟に働き方を選べるようになってきました。
それに伴い人材育成の手段も大きく変化し、研修方法を見直す企業も大幅に増えています。そんな中、改めて注目が集まっているのが「オンライン研修」です。

オンライン研修とは、インターネットを通じて受講するスタイルの研修全般を指します。
PC、タブレット、スマートフォンといった情報通信機器の進化と普及、そしてIT技術の発展により、現在ではオンラインでの特徴を活かしながら、画面越しでも従来の集合型研修と遜色ない形で研修を実施することが可能となりました。
導入企業側としても、講師・受講生を一箇所に集める必要がないため、感染症のリスク回避ができ、また会場費・宿泊費・交通費等の各種コストやそれらの手配に伴う時間を削減することが可能というメリットがあります。

一口にオンライン研修といってもその実施形態は様々ですが、今回は「録画配信型」と「ライブ配信型」の2パターンについてご紹介いたします。

録画配信型

録画配信型とは、事前に録画されたコンテンツを観る形式の研修です。
従来の集合型研修とは異なり、受講生の勤務地・時間に関わらず、自分の都合にあわせて各々好きな時間・場所で自由に受講することができます。また、録画データを再視聴することで、一度では理解しきれなかった箇所も繰り返し復習でき、より高い研修効果を得ることができます。
導入企業としても、研修実施日時のスケジュール調整が容易となるため、人気講師の質の高い研修を取り入れることが可能となります。

ライブ配信型

ライブ配信型とは、インターネットを通じてリアルタイムで受講する形式の研修です。
Zoom、Teams、SkypeといったWeb会議システムを使用し、講師と双方向・インタラクティブなコミュニケーションを取りながら進めていきます。
講師、受講生が日時を合わせる必要はありますが、安定したインターネット接続環境さえ確保できれば場所の制約はないので、各々好きな場所から受講することが出来ます。
チャット機能を使用した講師との質疑応答や、受講生同士でのグループワークを取り入れることも出来るので、録画配信型よりも、より臨場感のある密度の高い研修を受けることが出来ます。

オンライン開催!研修講師養成講座(全3回)レポート

2020年9月16日|カテゴリー「オンライン-Zoom等
200918
新型コロナウイルスの影響で世の中の動きも大きく変化するなか、
withコロナ時代の新しい生活様式、新しい働き方にも少しずつ慣れてきたという方もいらっしゃるかと思います。

株式会社新規開拓では、2020年7月末から全3回シリーズにて「研修講師養成講座」を開催いたしました。
今回は、好評を博しましたその講座内容についてレポートいたします。

「研修講師養成講座」~受講生の人生に良い影響を与える講師を目指す~

社内研修を担当される方や、研修講師としてスキルアップしたい方を主な対象として、
オンライン、従来の集合型、どのような形式においても今後更に活躍していけるよう、
講師としての軸を明確にし、受講生とのコミュニケーションを良好にしていくことを目的としたプログラムを
全3回にわたってオンライン開催いたしました。

講師プロフィール 辻 騎志

当社のパートナー講師としても活躍中であり、企業講師歴30年以上の“人の才能や強みを見つける専門家”。
管理職研修だけでも2,000回以上の登壇実績があり、受講生は延べ10万人以上。
更に、昨年2019年には「松下幸之助の商人道」を子どもでも分かりやすく楽しみながら読めるようまとめた
「ショーバイ・クエスト 大商神伝説そして繁盛へ」(PHP研究所)も上梓。

辻講師のすごいところは、なんといっても「向上心と好奇心の高さ」と、それに伴う「半端なき知識量」、
さらに即興演劇の理論・手法を応用した「相手の心をつかんで、飽きさせない話術」です!

プログラム内容

事前学習動画プログラム
 ・研修準備に欠かせない考え方
 ・研修プログラムの基本デザイン
 ・逆算思考による組み立て
 ・受講生を「知る」とは?
 ・研修運営に欠かせない「美しさ」

第1回 7月25日(土)
 ・ラバーテのHDBモデルから「ありかた」を考える
 ・辻流「人間力モデル」
 ・講師の必要条件「3つの力」について
 ・物事の本質を考えるための、思考の原則とは?

第2回 8月8日(土)
 ・受講生の心に染み込むメッセージとは
 ・「言葉の力」の深め方
 ・講師としての哲学とは?
 ・人間観と人生観が、すべての礎
 ・講師としてのミッションの構築

第3回 8月22日(土)
 ・講師としての基本心得
 ・「伝わる」と「伝える」の違いとは?
 ・研修での「楽しさ」
 ・受講生に気づきと行動を促す、実践コーチング
 ・今後も活躍するために

受講生の皆さんから好評だった講座内容を、ほんの一部ですがご紹介いたします

自分の強みを認識する

なんと自分の長所を100個書き出すことに挑戦!皆さんは、ご自身の長所をいくつ書き出せますか?
各々の長所つまり、強みを知ることが、研修運営にあたり欠かせないのです。
受講生の強みを把握し、一人ひとりに適切なフィードバックやアドバイスを行うことが、
成長意欲を掻き立てる一助となるのです。

人生観を振り返る

多忙な日々の中で、ご自身の人生観、言い換えると人生の中で大切にしていることや、
モットーなどをどのくらい認識できていますか?
自分と向き合い、自己認識を深めることは、異なる考えや価値観を持つ他者へも関心を持ち、
歩み寄ることへも繋がります。
新たな視点を増やし、視野を広げていくことは研修運営のみならず、豊かな人生を手に入れるためにも重要です。

実践コーチング

ロールプレイ形式で、受講生役一人に対して、複数名の講師役がコーチングを行うという練習方法で進めることで、
質問の質や研修の進め方についても参加者同士で比較・ディスカッションしながら、考えを深めることができます。

また、オンラインでの講座だからこそ、コーチングを受ける側の表情などもつぶさに画面越しに捉えることができ、
相手に対して適切な質問が出来ていたかを見分ける練習を効果的に行うことができました。

受講生の声

・予想していた、研修講師育成のセミナーを超えた、深い内容でした。

・参加者の皆さんから教えていただけることもあって、大変有意義な学びの場でした。

・「相手の中に答えがある、と信じることが大事」ということは目からうろこに思いました。
 自分だけではそのような発想は思いもよりませんでした。

・コーチングはこれまでも経験したことがあったけれど、無意識にこうするべきと誘導し、
 トレーニングをしていたことに気づきました。
 もちろんトレーニングは重要ですが、明確に自分の中で違いが分かり、現場で活かせる自信が持てました。

辻講師からのコメント

今回、受講の皆さんが非常に前向きであり、吸収意欲の高さに驚きました。
講師をする人は、意外と孤独でもあり、このように学びながら交流する場に参加することで得られることも多いと考えています。
セミナー名
研修講師養成講座(公開セミナー)講師:辻 騎志
開催日
2020年7月25日(土)、8月8日(土)、22日 (土) 【全3回】
参加者
社内研修担当者、研修講師
開催形式
オンライン(Zoom)