Business column

営業マンが陥りがち?!「だいたい病」と「のほう病」

こんにちは!株式会社新規開拓のスタッフです。

本日は、様々な研修を担当する中で気づいた(発見した)ことをご紹介します。

 

一つめは、「だいたい病」です。あまり、、、聞き慣れない病名ですが、その真髄を知れば、きっと納得いただけるはずです!ある方から教えていただいた話です。

 

 

評価の低い人と高い人の差は紙一重。結果から見ると、両者の間には天と地ほどの隔たりがあるが、もともとはそんなに差がなかったと思われる。

 

その「紙一重の差」はどこにあるのか?!

 

それはスキルの差ではなく、心の持ち様という量りがたい差。

評価の低い人は往々にして、完成までに90%を超えるまでに近づきながら「だいたいできたから、これでいい」という“だいたい病”のクセが出る人か、「もうだめだ」と“敵前逃亡癖”のクセが出る人である。

 

本来、仕事というのは最後の10%弱が一番手を抜けないところ。

ここをやりきらない限り評価は低いまま。

 

“だいたい病”も“敵前逃亡病”も、仕事のほうから「もう止めてもいい」「もう止めなさい」と言われたわけではなく、自分の心が決めたことなのだ。

 

 

いかがでしょうか?耳の痛い話・・・だと感じた皆さん、「だいたい病」を克服するために必要な薬は、「やり切る」ですね。「敵前逃亡病」の治療薬については、是非とも考えてみてくださいね。

 

 

そして、もう一つご紹介します。それは、「のほう病」です。

これは、傾向としてですが、特に若手の営業マンや自動車販売店のサービススタッフがよくかかる病です。影響力が非常に強く、誰か一人この「のほう」を使い出すと、不思議とすぐに拡がります。

 

それでは、マイカーの点検(オイル交換)で、自動車販売店に車を入れた時のワンシーンです。皆さんは、お客様役です。間違い探しのつもりで、一度ご覧ください。

 

「ご来店、ありがとうございました。

では、受付のほうをしますので、こちらの椅子のほうにお座りください。

今日はオイル交換のほうと聞いていますが、お間違えなかったでしょうか?

何かお車のほうで、ここは気になるよーという箇所のほうはありませんでしたか?」

 

(特に、、、)

 

「そうですか。じゃ、今日の点検のほうですが

だいたいお時間のほうが、1時間くらいかかりますので、ここでお寛ぎください。

ちなみに、お飲み物のほうは、どれがいいですか?」

 

(ホットコーヒーを)

 

コーヒーのほうですね、承知いたしました。

 

「のほう」は見つかりましたか?

 

 

もし、店舗で接客をなさっている方は、セルフチェックをおすすめします。また、このような言葉遣い(のほう)がなぜ横行するかというと、自己流・我流でOKとする「だいたい病」「敵前逃亡病」の蔓延、不明な点は調べるという基本行為の欠如、スタッフ間の興味関心の薄さ、報連相の少なさと不徹底、、、などが考えられます。

 

 

症状にもよりますが、早めに手を打つことをおすすめします。打ち手としては、セルフチェック、社内チェック、正しい表現の確認、トレーニング、改善できているかのチェックがあります。

内部で行っても問題はありません。是非とも、期限を決め取り組んでみてくださいね。

 

最後に、実は先ほどのワンシーンのセリフには、「のほう」以外にも、間違い敬語を散りばめています。少なくとも、11個、見つかりましたか?

もし見つからない、という方は、是非とも当社の店舗まるごと研修の導入をご検討くださいませ。