資格をキャリアアップに生かすにはどうする?②

student-849822_640-1-1

自分のレベルや希望ポジションも考慮する

同じ業界や職種に深く関係している資格であっても、初心者を対象とした資格と上級者を対象とした資格の場合があります。
知識や経験がすでに上級者のレベルに達している人が、初心者を対象とした資格の学習に取り組んでも、得られるものは
少ないでしょう。

同様に、初心者が一足飛びに上級レベルの資格に挑戦しても学習効率は悪く、挫折する可能性は高まります。資格取得を
目指す際は、自身のレベルに合った資格を選ぶことが重要です。また、マネジメントする立場に回りたいのか、現場の
スペシャリストとして活躍したいのかによっても最適な資格は異なります。

マネージャーとプレーヤーでは求められるスキルや能力が違ってくるため、学ぶべき内容や範囲が異なってくるのです。
自分の将来のキャリアや経験年数を考えた上で、取得する資格を精査し、学習していくことも大切になってくるでしょう。
9509-00012-3

【職業別】キャリアアップに生かせる資格

キャリアアップに生かせる資格を職種別にピックアップしました。
国家資格には■印、管理職に関連する資格には★印を付けています。

【IT系】

情報処理安全確保支援士(■)  プロジェクトマネージャ(■★)  Tストラテジスト(■★)

【クリエイティブ系】

アドビ認定エキスパート(ACE)  Webクリエイター能力認定試験  ウェブデザイン技能検定(■)

【技術系】

危険物取扱者(■)  労働安全コンサルタント(■)  CAD利用技術者試験

【人事・総務系】

キャリアコンサルティング技能検定試験(■)  社会保険労務士(■★)  衛生管理者(■★)

【保険系】

ファイナンシャルプランナー(■)  生命保険外交員  アクチュアリー

【不動産系】

宅地建物取引士(■)  管理業務主任者(■)  不動産鑑定士(■)

【金融系】

中小企業診断士(■)  証券アナリスト  証券外務員

【経理系】

日商簿記2級  FRS検定(国際会計基準検定)  BATIC(国際会計検定)  会計ファイナンシャル検定(★)

【建築系】

インテリアコーディネーター  建築士(二級、一級)(■)  建築施工管理技士(■)

【介護系】

介護福祉士(■)  ケアマネージャー  理学療法士(■)  作業療法士(■)
資格を取得していてもキャリアアップできるとは限りません。しかしながら、資格を取得するまでの努力や計画性、意欲や
姿勢はキャリアアップに役立つ場合もあります。ぜひ、自分のなりたい姿(仕事)に関連する資格を選択し、知識を深め、
実践で学習したことを生かしましょう。

資格によっては取得までに数年を必要とする資格もあるので、まずは自分の将来ビジョンを明確にすることをおすすめします。
今は、企業や個人が置かれる環境が刻一刻と変化する時代です。

学習と実践を繰り返して熟成させた能力やスキルがいつどのような形で役に立つかは未知数でもあります。
ビジョンに沿うチャンスが巡ってきたときに自信を持って手を上げられるよう、資格取得で終わらせずに学習と実践を積み
重ねていきましょう。