Business column

【メルマガ】なぜ、我が家の芝生は青々としているのか?

なぜ、我が家の芝生は青々としているのか?

おはようございます!新規開拓スタッフです。

夏の訪れを肌で感じる季節、

こまめな水分補給をして脱水症状に気を付けていきましょう!

さて、この時期になるとある事を思い出します。

昔・・・そのまた昔、

私はアメリカに留学していました。

アメリカで見て感じた「庭の芝生の青々しさ」から

「社員教育の重要性」について感じたことがあります。

(何の関係があるんだ?と思いますよね)

2分間、ぜひお付き合いください。

それでは参りましょう!

**********************

芝生育ては人材育成と同じ?!

アメリカ留学ではホームステイをしていました。

地域一体が割と治安のよいエリアであり、

アメリカドラマでよく観るような、

庭が広くて「ザ・アメリカの家」という感じのお家にステイ。

ちょうど私が渡米したのが11月でした。

ホストのお父さんは週末になると、何やら庭仕事をしています。

毎週。毎週。

芝生は冬に向けて、

その青い色から茶色へと変わり始めていて、

「何をこの季節にする必要があるのだろう」

と、不思議に思っていました。

しかし英語に自信がなく、その時は質問しませんでした。

そして季節が変わり、

春になり芝生は日ごとに青々しく成長し、

初夏には、その青々しさがとても眩しいほどでした。

そして芝生1本1本をよく見ると、

しっかりと根をはり逞しく育っているのです。

多少、英語にも自信がついてきたその頃、

ホストのお父さんに質問しました。

「とっても芝生が青くてきれいに育っているけど、

何もしなくても毎年これだけ青く育つの?」

と。

私の質問を聞いたホストファザーは

「ははは!!何も手を加えなかったら今頃、

枯れ芝生で一面が茶色だよ!

ちょっとガレージにおいで。見せたいものがあるんだ。」

と。

見せてくれたのは、色々な種類の「除草剤」と「肥料」。

そして「芝生の種」。

そしてここからホストファザーによる

「芝生の育て方レクチャー」がスタート。

「いったん雑草まみれになった芝生(庭)は、

並大抵の努力で全ての雑草は取り除けないんだ。

だから、季節ごとに除草をしながら同時に肥料を与える。

ここがポイントなんだ」

と、季節ごとに使う除草剤と肥料を見せてくれました。

冬には、Crabgrassを除草しつつ芝生用の肥料。

春には、たんぽぽの根を除草しつつ芝生用の肥料。

夏には、芝生に虫がつかないよう除虫しつつ肥料。

夏の終わりには、枯れた芝生を取り除き、

地面に穴をあけて根の促進剤と

次のシーズンに向けての種まき。

「1年中、芝生の呪縛?いや束縛?支配?から

解き放たれるときがない・・」

と思ってしまいました。

植物も人間も根っこが大事

続けてホストファザーが語りはじめます。

「芝生に話しかけながら世話しているんだよ。

『まっすぐ育てよ』『暑いけど水のあげすぎは逆効果なんだよ』

『よく新芽まで育ったな、大きくなれよ』とか。

可愛いからと言って過度な水遣りは根を腐らせる。

猛暑だと芝生が焼けて部分的に茶色になる。

でもしっかりと根を張った芝であれば、

すぐに青々しさを取り戻してまた生えてくる。

新芽に水遣りするときは、優しく、丁寧に。

その家の芝生を見れば、

家主がどれだけ芝生、庭を愛しているか、

芝生の青々しさは、家主の芝生への愛情バロメーターなんだよ。」

うん、うん、と頷く私に、

ホストファザーが最後に言った言葉。

それは

「子供を育てるのと似てるよ。いや同じかな。ハハハ!!!」

「さて、ランチにするか!」

と、ホストファザーとガレージを後にしました。

この芝生の思い出、社員教育会社に勤務するようになり、

時々思い出すのです。

「上司がどれだけ部下に愛情を持って接しているかは、

その部下を見ればわかる」

甘やかされているのではなく、

厳しさゆえの愛情をもって指導されている部下は、

人として社会人として仕事人としての

『根っこ』の部分が非常にしっかりとしているという

印象があります。

社会人、仕事人としての「根っこ」の部分を見直し、

スキルアップするチャンスがあります。

根っこを強くするためのとってときの「肥料」を弊社が準備しています!

※ここで営業力セミナーに繋いでください。

それでは、よい一日をお過ごしください!

最後までお読みいただきありがとうございました。