Case

スカイレンタカー四国様

導入企業様のご紹介

企業名

スカイレンタカー四国株式会社

事業内容

快適スムーズな利用システム、リーズナブルな価格設定を軸に全国展開するスカイレンタカーグループに加盟し、四国エリアを統括しています。安全装備の充実した品質の良いレンタカーを提供しています。お客様の「安心と安全と笑顔のために」をモットーに掲げ、心をこめたお客様対応を行っております。

 

コロナ禍において、お客様とスタッフが接触することなく、スマートフォンアプリの操作のみでお好きな時間に車を借りることが出来るスカイレンタカー・スマートサービスを展開することにより、さらなる安全性の向上に努めています。

 

全スタッフがお客様との「一期一会」の精神を常に忘れず、多種多様な用途に合った最適なご提案ができるよう、教育、研修にも力を入れています。

ホームページ

https://www.sky-s.co.jp/

どのような経緯(または、狙いや思い)で研修を導入したのでしょうか?

「売れている人に中途半端はいない」という新規開拓さんからのメールのキャッチコピーが心に刺さり、無料セミナーに参加しました。

「このコロナ禍において何で差をつけるのか」

というとやはり「従業員、人」だと思っています。

 

「不景気においては、良い会社と悪い会社の差がつく。不景気のときにこそよくなるのが良い会社なのだ」と、常に弊社の社長から言われています。自身の営業時代の研修経験、また10年間の研修責任者という経験から、会社が時間とお金を従業員にかけることの重要性は理解していました。知識だけではなく体を動かすトレーニング要素の高い研修を、と思い導入しました。

なぜ、新規開拓を選んでくださったのでしょうか?

理由は2つあります。

 

一つは、新規開拓さんの研修は「トレーニング的な要素が非常に高い」ということです。

 

過去に10年間、研修責任者をしていましたが、やはり身についた研修というのは、「座学で知識をつけるだけではなく、体を動かして覚えたものは自分に染みついてくる」ということを経験しています。新規開拓さんの研修は、「はい」という返事ひとつにしても、そこにひたすらにフォーカスを当て徹底的に行うことで、自然に一生懸命に取り組むことができる、というところが魅力でした。

 

もう一つは、「講師の熱量」です。他の研修会社と比較する中で、新規開拓さんの講師の方はエネルギッシュで熱量が高い。私自身の考えとして「従業員が受ける研修は、自分も一緒に受ける」ということを社員教育のスタンスとしています。自分で参加してみて、講師の方が本気で教えてくれているのが分かり、「また次回も、担当してもらいたいな」と思いました。

御社の”教育・研修”に対する考え方・特長を教えてください

「私たちは全従業員の物心両面の幸せを追求すると共に仕事を通じて人間としての正しい生き方を学び地域社会に貢献します」

 

この経営理念の下で日々の業務に取り組んでおります。仕事をしている時間の中で、知識をつける、学びの機会と時間を作ることは、従業員の幸せのための会社からのプレゼントだと考えています。そして、取り組み意識が高く、前のめりで学ぼうとしている従業員には、さらに上のステージを用意します。これは実は頑張っている従業員へのギフトなのです。

 

弊社では中途採用の従業員が多いですが「ビジネスマナーの基本」と言っても、習った時期も違えば教わり方もそれぞれです。各々の目指すレベルもバラバラでした。

 

新規開拓さんの研修を通じて「自社のスタンダードを創り上げる」ということが実現できています。同じ研修を受講することで社内に共通の話題、会話が生まれました。研修を行ったことで社内に共通言語が出来ました。研修をお願いして良かったし、これからも継続的に実施したいです。人は学んだことも、やがて忘れてしまいます。だからこそ何度も繰り返し反復することにより創り上げたスタンダードを守り進化させます。毎日の同じルーティンの中にメリハリをつけ、刺激を与えるという意味でも、定期的な研修の実施は必要であると考えています。

研修を導入したことによる変化はありましたか?

会社の中と店舗の中での変化、そして私たち従業員をリードする側の変化がそれぞれありました。

 

まず会社の中、店舗の中での変化として「研修で得た共通言語」を従業員たちが自ら使うようになったということです。例えば「電話に出るときの声が低い」など、従業員同士が共通言語を使い指摘し合い、改善できるような環境になったことは研修後の大きな変化です。

 

そして、リードする側の変化としては、「いかに研修前、事前の動機付けを含むリードの仕方が大事だ」と気付きを得ることができたことです。従業員の参加姿勢を見て「何で事前に準備をしていないのか!」と腹立たしく感じました。しかし、研修を聴きながら考えていくうちに「自分がやらせられていないのだ」と思うようになりました。「準備をしていない」と従業員を非難することは簡単です。

 

でも「結局それをやらせるのは誰だ」と振り返ったときに、上司という立場である我々が上手くリードしなければいけないということに気付くことができました。

 

ひとつの例として、コロナ禍によりZOOM会議が当たり前になったとき、不慣れな従業員がいることが分かっていれば、事前にハウリング対策を含めた使い方の説明をするなどリードをすることが必要でした。

 

従業員を成長させるためにはそれ以上に上司が成長することが必要です。人が育てばより高い業績を上げることが出来ます。そのためにこれからも、従業員とともに上司である私たちも学び続け、進化することが必要だと確信しています。