オンライン研修で講師がどうやって伝えるか?

3287065_s
当社において、オンライン研修というのは、コロナという緊急事態がなければ、対岸の火事とでも言いましょうか、まったく想定外のコンテンツでした。
しかしながら、そんなことは言っていられないという切羽詰まった事態となり、それは情報収集と練習、トライ&エラー、様々なオンラインセミナーにチャレンジした結果、以前では考えられないほど、オンライン研修が当たり前になりました。

そんな、言い方は悪いのですが、まさに“ド素人”からスタートした私たちだからこそ、オンライン研修開催までのプロセスを振り返りながら、これからオンライン研修を考えている講師の方々のお役に立てばと思い、まとめてみました。

さて、まず「どうやって伝えるか?」についてです。
私どもの研修を受講してくださった方はご存じの通り、私どもは、かつては、研修においては基本的にテキストは使いませんでした。もちろん、絶対に押さえてほしい言葉などは、ホワイトボードに書いたり、必要なツールは紙にまとめて渡したりしていましたが、あくまで、テキスト類は補助ツール。よって、原則なし、が当たり前でした。

さて、そんな私たちの当たり前ですが、オンライン研修となると、そうも言っていられないことに気付きました。気づいたのは、他社様のセミナーや研修を受講してみて、体感したからです。資料がないと、講師の話したことはできる限り書き取りたい、画面共有された内容も控えたい、でも写真は撮れないし・・・となると、とてもではありませんが、ほとんど下を向いて書くことに集中することになってしまいました。
参加者がメモを必死に取っている中で、講師がいくら質問をしても、思考がそちらに行くわけもなく、ZOOMの最大の武器である「双方向」が意味をなさなくなります。

そこで気づいたのが、配布資料の必要性です。受講生はできる限り書き取らなくても、講師の話を聞いていられるようにする。

そして、次に、講師の画面です。ずーっと一人の講師が話している絵面は、正直面白くありません。背景は質素堅実、テレビ放送のように画面にテロップや動画が入ることもなく、講師がずっとバストアップで話しているだけだと、眠くなる気持ちを身をもって実感しました。また、講師側のカメラや照明によっても、相当な差が出ることが分かりました。
また、飽きさせないためにはどうしたら良いのか・・・画面共有するパワーポイント資料はもちろんのこと、講師の絵を変えるには、講師のジェスチャーをこれまでの3割増しにする、頷きを増やす、講師が一人でずっと進行するのではなく、二人で役割を分担しながら進めるなど。あえてパワーポイントにせず、手書きの資料を用意して、それを見せるなども行いました。

とはいえ、オンライン研修においては、ノンバーバルコミュニケーション以上にバーバルコミュニケーションが求められる世界です。言葉の力、具体的には、言葉を発するスキル、言葉を選択するスキル、言葉を組み立てるスキル、そして言葉の奥にある思考の軸、が不可欠です。どれか一つでも不足すると、伝わらない、誤解を生じさせる。そのため、今までなんとなくの雰囲気や気合といったもので研修を進行してきた講師にとっては、厳しい時代になったと言っても過言ではありません。
もう少し具体的に見ていきます。

オンライン研修のポイント

1.言葉を発するスキル
具体的には、文章の強弱のつけ方や抑揚、そして活舌の良さです。もちろん、声の出し方は言うまでもありません。喉から出す声は聴いていて耳障り、と感じることもあります。また、言葉も「一つの音」が欠けるだけで、幼稚な印象を与えたり、乱暴な雰囲気が出てしまうということも起こり得ます。丁寧に言葉を発するためには、「発声練習」が必要です。発声練習には様々な方法があります。たとえば、「あえいうえおあおあいうえお」や「お綾や親にお謝り。お綾や八百屋にお謝りとお言い」、北原白秋の有名な詩「あめんぼ赤いなあいうえお・・・」など、ご自分にあったものを選択して実践しましょう。
そして、喉声にしないためには、首や肩に力を入れずに、声を出す練習が必要ですね。特に、オンラインでは、高い声は聴いていて疲れるため、音階でいうと「ファ」の音が良いそうです。
語尾が弱い、強いというのも改善が必要です。前者はすべてのメッセージが弱く伝わりますし、後者はまるで選挙演説かの如く聞こえてしまいます。

2.言葉を選択するスキル
その日、その時の参加者・受講生にとって最適な言葉を選ぶ必要があります。すべて、とは言いませんが、専門用語をある程度使って説明するのがよいのか、逆にほとんど平易な言葉での説明が良いのかなど、が最たる例です。また、反面教師にしていただきたいのが、接続詞の誤り、です。一文が終わりそうになると「~けれども」と逆接の接続詞を使って説明する方が散見されます。内容を聞いていると、順接のケース、単なる対比や並列のケースなどが多いのです。結局何が言いたいのか、さっぱり分からない、と言うことになりかねません。

3.言葉を組みたてるスキル
論理的な説明、と捉えると分かりやすいでしょう。演繹法でも帰納法でも良いですが、論理的に破綻しない説明が重要です。さらに、エビデンスがあること。ついつい、オンラインセミナーや研修になると、思い付きで話をするのは、目につきやすくなります。起承転結、ではなく、起承転転となる文章は避けましょう。

4.言葉の奥にある軸の思考
発言する講師が、すべての言葉を選択し組み立てます。その際には、その講師の思考の範囲内で選択が起こります。となると、思考の軸(や信念といったもの)がすべてに影響します。そして、その思考の軸(や信念といったもの)は、無意識である場合が多いため、本人が気づかないうちに「隠されたメッセージ」として発せられ、他人を傷つける、誤解を生じさせるということが起こります。
そのため、今一度、ご自身の思考の軸(や信念といったもの)を見直す必要がありそうです。分かりやすい例としては、性善説をとるか性悪説をとるか、といったところでしょう。
また、「知識がある人が偉い、優れている」といった考えを持っていると、無意識に「知らないこと、知識が少ない人はダメ、できない」などと言った思考で言葉を捉えがちなため、他人を馬鹿にした態度を取る恐れもあります。

さて、今回は、これまで当社でオンラインセミナー・オンライン研修を行ってきたからこそ、気づいた事柄です。皆さまが、オンライン研修を行う時にお役に立てば幸いです。