Training

タイムマネジメントと目標管理〜中堅社員の働き方改革

中堅社員の役割はとても大きい。会社はあなたに期待しているにも関わらず、自覚していない中堅社員がとても多いのも事実。仕事に慣れてくるし、そこそこ結果も出している。するとマンネリ化が起こります。人は常に学び成長してこそ会社や世の中のお役に立つことができます。人間の一番の大敵は、慢心・慣れです。あのスティーブ・ジョブズは「初心に返る」を座右の銘にしていました。 中堅社員だからこそ、今までの経験に新たな学びを加えイノベーションを起こすべきです。40代になってからではチャレンジは難しくなってきます。20代、30代の今こそ、管理職になる前に、リーダーシップを発揮したり、後輩の支援を通じて次世代リーダーとしての準備ができるのも中堅社員の特権です。新しい学びに是非チャレンジしてください。

対象者

・中堅社員

・次期リーダー候補

・時間管理に課題を感じている方

よくある悩み・課題

・ダラダラと仕事をして、当たり前のように残業をしている

・目の前の仕事だけにしか取り組めていない

・モチベーションが低く、ミスやエラーが多く、生産性も低い

・言われたことしか仕事をしない

・雑務に追われ、重要な仕事がいつもおろそかになる

研修内容・特長

Time is money.という言葉がありますが、実は、「時間」はお金より大事なものです。

世界の富裕層の人が口を揃えて言うのが、「本当に大切なのは時間だ」と。学校では、時間管理についてはほとんど学んだことがないはずです。仕事で成果を出し続けている人もそうでない人も、1日24時間は共通です。その違いは何なのか?仕事ができる人の時間の使い方をわかりやすい例を使いながら、誰でもが実践できる方法をお伝えします。

時間管理はHow to(やり方) の前に、思考がポジティブなのか、ネガティブなのかも影響が大きいのです。そして、タイムマネジメントとは、仕事だけを考えるのではなく、自分の人生全体も視野に入れて考えるべきものなのです。その根本的な考え方についても講義の中でお話します。人生の中で3度も病気と事故で死に直面した経験がある講師だからこそ、タイムマネジメントを身につけることがいかに大切かをお伝えできます。

そして、時間を無駄にしないためにも、目標設定がいかに重要であるかが講義の中で理解できます。無駄な時間を排除する。そのために何をすべきかを講義の中で掴んでください。

到達目標

・残業をしないで、生産性の高い仕事をしている

・目標を持って、モチベーション高く仕事に取り組んでいる

・計画を立てて、逆算思考で行動している

・仕事の工夫をして時短ができる

・仕事の優先順位付けができるようになる

研修プログラム

1.働き方を改革するとどういう変化があるか?

(1)若手の頃と今を比べて何が変わったか?

(2)会社・上司・後輩から期待されていることは?

2.生産性を上げ時短を実現する時間の使い方

(1)新しい人生へのチャレンジ

(2)否定思考を肯定思考へ変えてみる

3.人生の計画化から人生を2倍生きるには

(1)今までの時間の使い方を検証する

(2)成功する人しない人

(3)描く夢を実現する方法

(4)成功の法則

4.できる人の仕事の進め方~10大ルール

(1)仕事ができる人の3大条件

(2)大きな仕事、嫌いな仕事から始めよう

(3)コマ切れ時間の有効利用をしよう

(4)大きな目標を達成するエレファント・テクニックとは

(5)ステップイン・テクニックでつらい仕事を乗り切ろう!

(6)集中して良い結果を出す、直前シンドローム

(7)パラパラマネジメントからの脱却

(8)全体展望で、バランス感覚を持て

(9)優先順位で、仕事に番号をつけろ

(10)書いておけば忘れない、記録の法則

5.タイムマネジメントが働き方改革を実現する

(1)時間泥棒を排除せよ

(2)効率的な時間活用法を身につける

(3)今日からすぐできる手帳術

6.逆算で人生を作りあげよ

(1)振り返りと気づきの共有

(2)実行計画の作成・コミットメント

受講者の声

残業時間を減らす方法がわかった。生産性の上げ方もイメージができたので、やってみます。

自分から率先して仕事をしようという気になった。計画を立てることへの苦手意識があったが、逆算思考でチャレンジしていきたい。

モチベーションが上がり、仕事を前向きに取り組もうと思いました。時短をするために、学んだ手法を試します。

仕事の優先順位を自分で決めていなかったのが残業の原因だとわかりました。これからは優先順位を第一に考えて行動します。

関連研修