Training

経営理念作成・浸透研修

経営理念作成・浸透研修

「企業成功の50%は経営理念、30%は社風、20%が戦略戦術」 これは、松下幸之助さんが会社を成功させる秘訣として語った言葉です。経営理念は「企業経営の本質」です。なぜならば、社風そして戦略戦術も「経営理念」に基づいて決まると考えられるからです。100年続く企業の共通点、それは「社員に経営理念が浸透できている」ということ。経営者個人が「会社は、人生の目的を達成するための手段である」という熱い想いを込めた「経営理念」を作成し、社員に「経営理念」を浸透させることこそ成功する企業の秘訣なのです。

対象者

・会社組織を改善したい、強くしたいとお考えの経営者

・全社員(※経営理念浸透研修の場合)

・企業の二代目後継者

よくある悩み・課題

・社員の仕事への取組み意識が、経営者が求めるレベルに達していないと感じている

・同じ注意を何度も繰り返す必要がある

・仕事への姿勢が受け身の社員が多く、上司からの指示を待っている

・中途入社した社員が多く、前職、前社で身に付けた個々の判断スキルで行動している

・後輩を指導する際に、先輩によって教え方、説明の内容に差がある

・社内の規律ルールが保たれないため、賞罰を正しく行うことが困難である

・社内で人間関係のトラブルに悩む社員がいる

研修内容・特長

「社員が経営理念を理解してくれない」理解しないのは、社員だけの問題なのでしょうか。

①1000%の情熱で訴えよ ②繰り返し訴え ③なぜそれが必要なのか、その理由を訴えよ

松下幸之助さんは、「大事なことは、訴えることである」と度々話しています。経営者自身が、本気で熱情をもって経営理念を訴え続けることこそが、社員に経営理念を浸透させる上で最も大切なことなのです。

 

⑴弊社の「経営理念構築」は、「社長個人の人生の目的(天命)から経営理念を作る」これが実施できるのは、数あるコンサルタント会社の中でも当社だけです。社長ご自身が「自分は何のために生きているのか」「人生の目的は何か」について5種類の「天命発見シート」でご自身を棚卸しすることで、自分自身を深く見つめることができます。

 

⑵社長個人の天命マンダラ®️を作成し、「自分は何を大切にして生きていくのか」が明確になったところで経営理念を構築します。自分自身と向き合うための個人指導を通して、揺るぎない自分自身の信念が明確により強いものとなります。以前の自分自身と比較して、ブレない、一本芯が通った自分になったことを実感していただけます。

 

⑶経営者が自らを見つめ直し作成した経営理念は「企業経営の本質」となり、この経営理念を形にすることができる社員になるためには、具体的にどのようなことが必要不可欠なのかがより明確になります。

 

⑷経営者(社長)とともに、どのような社員像であれば「経営理念」を浸透させることができ、また企業成功への道をつくることができるのか。御社が目指す社員像を育成するためのプログラムを作成するお手伝いをします。過去に人間力に関する育成プログラムを6000回以上作成してまいりました。その経験から言えることは、「御社には御社に合ったオンリーワンの育成プログラムが必要である」ということです。

 

⑸社内の秩序を保ち、会社運営を円滑にそして自然と成果が上がる企業になるための秘策コンサルとして「24時間経営理念に触れること」をご提供できます。朝礼、日報、評価制度、夕礼、目標管理など、社員には24時間経営理念に触れてもらいます。特に評価制度は、経営理念通りに行動した社員とそうでない社員について信賞必罰を徹底することで、経営者の私情に頼らずに、正しい賞罰が行えるようになります。

到達目標

・社員やお客様自身が考えている幸せよりも「ワンランク上の幸せ」を提供する

・社員が自社で働いていることを自身の誇りとすることができる

・社内の秩序(規則・ルール)が保たれることで、社員全体の一体感が生まれ社風がよくなる

・社員一人一人が“会社のため自分のために何をすべきか”を明確に理解することで、自分から行動するようになる

・全体の中の一部や個人だけが最適な状態を優先する考え方(部分最適)よりも、全体の中の一部や個人だけが最適な状態ではなく、組織全体が最適な状態になることを重視する考え方(全体最適)を優先するようになる

・自分で自分を成長させるという自己育成意識が芽生える

研修プログラム

1.社長個人の人生の目的を明確にする

(1)5種類の天命発見シートに記入する

(2)天命マンダラ®︎の作成(90分×3回〜5回)

2.経営理念の作成

(1)社長との個人面談

(2)ご要望により幹部を入れての構築

3.研修プログラムの作成

(1)あるべき社員像(管理職、一般職)の明確化

(2)研修プログラムの作成

4.社内講師(社長、後継者)の育成

(1) 講師用マニュアルの作成

(2)講師養成研修の実施

受講者の声

指示を必要とする回数が減り、自分が何をすべきかを考えて行動できるようになった

自社に対する忠誠心が高くなり、離職率の低下、生産性の向上に繋がった

社内の秩序を保つことにより、人間関係のトラブルが減り業務に集中できるようになった

上司や先輩の部下指導が一貫できたことで、部下育成のレベルがあがった

社員が経営理念を自分の言葉で想いを込めた説明ができるようになった

お客様からの信頼度が高まった(会社の評判が良くなった)

お客様からの受注やリピートが増えたことで、業績アップした