Training

新時代に対応するリーダー研修

新時代に対応するリーダー研修

オンラインがビジネスツールとして当たり前に使用される中で、「オンラインは相手の気持ちが良くわからない」「コミュニケーションが取りづらい」など、多くのリーダーや管理者からの声が入ってきます。 現在のリーダーには、オンラインとオフラインの両方に対応できるスキルが求められてきます。この研修はお客様の声から考えた不満や必要性に対応するために、①オンラインに求められるスキル、②オフラインに求められるスキルとは何かを具体的にお伝えし、新時代のリーダーに必要なスキルの習得を目指すトレーニング型研修です。 論理的思考、アウトプット、リーダーシップ、コミュニケーション、ファシリテーション、パフォーマンス力、リーダーに必要な様々なビジネススキルを磨く内容を網羅しており、管理者自身の現状のスキルチェックとして、また課題としているスキルの向上に役立ちます。

対象者

・リーダー、主任としての立場の方

・これからリーダーを目指す方

・職場内で育成の仕事に携わる方

・職場の雰囲気や環境を変えたいとお考えの方

よくある悩み・課題

・リーダー像がよくわからない

・リーダーは厳しい方が良いのか、優しい方が良いのか悩む

・自分がリーダーに向いているかどうかがわからない

・令和時代のリーダーに求められるスキルを具体的に知りたい

・うまくチームをまとめる方法を知りたい

・人にうまく伝えられるスキルを身に着けたい

・論理思考を身に着けたい

・ビジネスに必要な表現力を身に着けたい

・育成の仕方がわからない

研修内容・特長

学校教育にて8年、社会人教育の講師として15年、様々な立場と環境にある受講生を対象に、多くの育成経験を持っています。心理士としての知識を使い、講座の中では、リーダーは部下の心の傾向や感情を理解し、そこに対応できる力が求められるとお伝えしています。「人対人」にアプローチできる力が「チームの良し悪し」に影響を与えます。

リーダーとチームメンバーがストレスフルにならないためのポイント、新時代だからこそのコミュニケーション力の強化とリーダー育成のための研修です。

到達目標

・リーダー像が明確になり、迷いが無くなる

・リーダーとしての自分の強みと課題が明確になる

・自分のスキルの不足部分がわかり、励む内容が明確にわかる

・理想のチームイメージが出来る

・自分が目指す立場と目標が見える

・研修をきっかけに出来るようになった事が具体的にわかる

研修プログラム

1.オリエンテーション

(1)講師自己紹介

(2)受講生自己紹介

(3)自己紹介の目的と善し悪しの解説

2.リーダーの分析

(1)リーダーとは、リーダーの役割とは

(2)好かれるリーダー、嫌われるリーダー

(3)リーダーに求められるスキルの書き出し

3.自己分析

(1)自己性格分析

(2)自己スキル分析(出来ている事)(出来ていない事)

(3)自己人間関係分析(好きなタイプ、苦手なタイプ)

(4)対話分析、人生脚本

4.チームビルディング

(1)チームワークを良くするためのポイント

(2)リーダーシップがチームに与える影響

(3)フォローシップの重要性

(4)2:6:2の法則

5.アウトプット

(1)話す力(流れ、スピード、流暢さ、語彙、表現力)

(2)伝える力(具体的、論理的、わかりやすい、表現力、質問力)

(3)まとめる力(図、表、グラフ、書式)

(4)説得力(論理性、妥当性、エビデンス、数値化、パフォーマンス)

6.指導育成

(1)育成に重要な3つのポイント

(2)注意指摘の仕方

(3)育成ノートの作成

(4)2:6:2の対応

(5)アセスメントの仕方

7.問題とリスク

(1)問題とは

・問題の種類

・問題解決のプロセス

(2)リスクとは

・リスクとハザードの違い

・リスク管理

(3)アウトプット

・視覚化

・伝達

・文書作成

8.オンライン(実践練習)

・オンライン時の注意点

・オンラインだからこそのコミュニケーション力

・参加者の満足度を高める3つのポイント

9.全体のまとめ

・自己紹介の復習

・自社PR、商品PRを使ったプレゼン力

・模擬会議ミーティングを使ったファシリテーション

・問題解決のプロセスの発表

・グループワークの紹介

・成果結果の発表

スケジュール(日程)・申込・料金

全3日研修(集合研修5時間×2)+(オンライン2時間)

受講者の声

リーダー像が明確になります

「なぜ自分はリーダーとして自信が無いのか」に関して理由が見えてきました。その理由であるウィークポイントを解消すればよいという道筋が見えました。

自分のミスや人間関係の不具合の経験から見える「自分タイプ」を知り、自己分析が深まりました。その結果、ミスやミス以前の問題を回避することができるようになりました。

信頼されるリーダーとはどんなリーダーなのかを具体的に理解できたことで、どのようなスキルを身につければよいのかが明確になりました。

伝え方が苦手だと感じていましたが、「話の内容に含めるルール」があるのを知りました。今後は、社内のミーティングや会議で、このルールに則って話をしていいきます。

リーダーに求められることが漠然としていました。チームをうまくまとめ成果を出していくためには、「行動スキル」と「知的スキル」の二つがあって、それぞれを学ぶ必要があるのが理解できました。特に、自分自身は、行動スキルを強化していきます。

関連研修